英語表現

RHS,LHS-数学やビジネスで使える略語の意味と使い方

英語の略語として時おり登場するRHSとLHSの意味と使い方を紹介します。

英語に長けた人でも意外と知らなかったりする略語です。

知っているとちょっと得をするかもしれません。

 

 

RHS,LHSの意味は?

種を明かせば意味は非常に単純明快です。

RHS = right-hand side

LHS = left-hand side

 

つまり、RHSは「右側」LHSは「左側」を指します。

 

ピリオドをつけず、RHSあるいはLHSとつなげて表記します。

ちなみに略さない場合は上記のように「right-side」「left-side」はハイフンでつなぎ、sideはスペースを空けて表記します。

 

3文字の略語なので探せば他にもいろいろ意味は出てきます。

例えばRHSは「Royal Horticultural Society (英国園芸協会)」、LHSは会社名やらなにやらで使われているようです。

思い当たる節がない場合は「right-hand side」「left-hand side」と捉えて間違いないのではないかと思います。

 

 

RHS,LHSの使い方は?

まず1つは数学です。

RHSは右辺、LHSは左辺を意味します。

例を2つほど上げてみます。

 

divide RHS by 2 (右辺を2で割る)

 

factorize LHS (左辺を因数分解する)

 

次にビジネスでの使用です。

ハードウェアのエンジニアをしていると、細かい作業手順を英語で表記する場面が多々あります。

例えば以下のような感じでRHS/LHSを使います。

 

Remove the square panels in order of RHS then LHS. (四角いパネルを右側、左側の順に外していきます)

 

Check the 4-digit indicator located on RHS of the control unit. (制御ユニットの右側にある4桁の表示器を確認します)

 

以上、RHS,LHSの意味と使い方でした。

 

 

おすすめ英語教材

英語上達を目指す方へ

-英語表現

Copyright© えいごリスタ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.