英語表現

bread-and-butterの意味と使い方について

英語の文章で時折出てくる"bread-and-butter"という言い回し。

これの意味と使い方について説明します。

正しく使えるとなかなか便利な言い回しではあるので、覚えておきましょう。

 

 

bread-and-butterの意味

bread-and-butterという表現の意味は、日本語では以下のようなものになります。

 

  • 日常生活に必要な(もの)
  • 日用の、平凡な
  • 主力の、屋台骨の
  • 生活の糧
  • 主な収入源
  • 本業

 

もうおわかりでしょう。

 

bread(パン)butter(バター)ですから、西洋的な日常(主に朝食ですね)には欠かせないものです。

主食であり、日常の必需品であり、毎日あたりまえのようにそこにあるパンとバター。

そういったところから、上記にあげたような意味の表現として使われます。

 

私が初めてこの言い回しを耳にしたのは、欧州オフィスで半期に一度行われていた決算報告会でした。

そこで会社のトップマネージメントからの「うちの主要ビジネスであるA社との取引は…」という文言の中で、「our bread-and-butter business with company-A was ...」と言っていました。

A社とは昔から変わらず取引があり、まさに会社のバックボーンを支える収入源となっていたビジネスだったので、ここでbread-and-butterが出てきたというわけです。

 

 

bread-and-butterの使い方

bread-and-butterは、形容詞または名詞として使うことができます。

ここでは便宜的にハイフン有りで記載していますが、名詞の時はハイフン無し、形容詞の時はハイフン有りになります。

 

例えば、

bread-and-butter goods (生活必需品)

bread-and-butter products (主力商品)

あるいは、

for one's bread and butter (生活のために)

といった風に使われています。

 

以下、例文です。

 

The incease of transportation cost is our bread-and-butter issue.

(輸送費の高騰は我々にとって生活にかかわる問題だ)

 

Do not quarrel with your bread and butter.

(雇い主と言い争ってはいけない)

 

She is the one who eans our bread and butter.

(私たちの生計を立ててくれているのは彼女です)

 

 

 

おすすめ英語教材

英語上達を目指す方へ

-英語表現

Copyright© えいごリスタ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.